トップページ >  > プロミスでキャッシング!審査基準はここ

プロミスでキャッシング!審査基準はここ

キャッシングをしたいけれども、審査に通るかどうか分からないので審査基準を知りたいと思われたことがあるかと思います。プロミスでキャッシングの申し込みをして、審査に落ちたとしてもんぜ審査に落ちてしまったのかという理由については答えてくれません。当社に審査基準によりましてとしかいわれないです。その基準が知りたいのですが、これについてはプロミスに限らずどのキャッシングカードローン会社も審査に落ちた理由に、なぜ審査に通らなかったのかと具体的に教えてくれる会社はどこにもありません。なぜ教えてくれないのかというと、もし審査基準が公表されてしまえば、キャッシングをしたいといいう人がどうしても審査に通過したいからと審査に有利な申告をします。たとえば、入社したばかりの会社なのに勤続8年ですなどと回答するなどです。そうなってしまうと、キャッシング申込み者の返済能力以上の限度額が審査の結果ででてしまえば、結果的に返済ができなくなってしまうと正確な与信判断ができなくなってしまうからです。そのためにどこのキャッシング会社も融資基準について公表をしていないのです。しかし、審査に通るかどうかあらかじめわかることがあります。総量規制に抵触していないか、信用情報に問題はないかなどです。年収の3分の1以内の借入であれば問題ありません。また過去に金融関連事故や延滞をしたことがないというのであれば、プロミスでキャッシングできる可能性は高まります。


プロミスのキャッシング審査の流れ

プロミスのキャッシングカードローンの審査は、具体的に何を審査するのかというと、信用情報調査、スコアリング、在籍確認です。大きくいうとこの3つなのですが、もっとこまかい部分で見られているポイントはいくつもあります。まず、信用情報調査についてですが、プロミスにキャッシングの申し込みをしてきた人が返済能力があるかどうかを調べるために、個人信用情報機関というところに申込み者の信用情報の照会をかけます。具体的に得られる情報というのは、現在取引している他社での利用残高や契約の種類、返済期日、貸付期日、延滞、また金融関連事故を起こしてしまった場合は、債務整理、強制解約、破産申し立てといった情報が登録されています。ここでは、総量規制に抵触しないかを確認します。年収の3分の1を超えている場合はこれ以上融資をすることができません。延滞している場合は、それが解消すれば融資をすることができます。金融関連の事故がついている場合は、一切融資ができません。この信用情報調査が問題なくても次にスコアリングがあります。これは、統計データに基づく自動審査システムなのですが、申込み者の情報や職種、職業、勤続年数、他社借入、扶養人数、住居など複数の項目を入力するだけで最適な限度額を算出するシステムです。このスコアリングの結果で、融資できるできないが決まります。そして、最後に勤務先で在籍確認が取れればプロミスとキャッシング契約ができます。

プロミスの審査は何を基準に行われる?借り入れから可決までのスピード審査がよりよくスムーズにできるために、審査前に知っておきたい豆知識。プロミスでキャッシングする前に必見!