トップページ >  > プロミスのカードローン審査と年収について

プロミスのカードローン審査と年収について

プロミスのカードローン審査に年収はあまり関係ありません。収入が高いとお金も借りられそうなイメージがありますが、必ずしも高いからと言って借りることができるとは限りません。年収は、まったく関係がないというわけでもありませんが、総量規制に抵触していないかどうかを確認するだけです。貸金業法の改正により総量規制が導入され、貸付金額が規制されたり、収入証明書の提出が一定の条件の場合に義務付けられるようになりした。貸付金額は年収の3分の1以下でなければ、ならないとされています。その確認をするだけです。カードローン審査で見られるポイントは、きちんと返済をしてくれる方かどうかだけです。その調査のために、信用情報機関に照会をかけてこれまでの取引状況を確認します。収入が少なくてもこれまでコツコツと返済を重ねてきた人は、とくに事故もついていませんので問題ありません。逆に収入が高くても、毎月返済期日に遅れたり収入が高いから少し延滞しても返せるから問題ないという人もいます。収入が高くても延滞など事故がついているとその時点でプロミスから融資をうけることができません。そのほかにもスコアリング調査があります。申し込み者を属性ごとに分類して、その属性を過去の統計データから限度額を算出するシステムです。属性が悪ければ、申込み者本人にいくら問題がなくても限度額が低く抑えられたりプロミスから融資を受けられないということもあります。


審査における勤続年数について

プロミスのキャッシングカードローン審査には、属性の基づいて審査をするスコアリングシステムというものがあります。プロミスに限らず、大手の消費者金融であれば審査にこのシステムを採用しています。属性とは、年齢や年収、他社借入金額、勤続年数、職種や職業、独身か既婚、持ち家か賃貸などのことであり、これらを審査時にコンピューターに入力するだけで、自動的に借り入れ申し込み者に最適な限度額を算出してくれるシステムです。プロミスに限らず他の消費者金融においても審査基準というは公開はされていませんが、一般的に転職を何度も繰り返して安定しない人よりも転職回数が少なく、1社に何年も勤続している人のほうが信頼度は高く審査に通りやすいとされています。では、どうしても借りたいがために本当は入社して1年もたっていないが、勤続年数5年程度で申告してしまった場合どうなるのかというと、源泉徴収票や社会保険証などの提示を求められたときに、入社年が記載されています。それで整合性が合わないということになります。信用を担保としているわけですので、融資が断られるということもあります。ただし、勤続年数だけ長ければプロミスで借りれるかというとそうではありません。審査は何も勤続年数だけを見ている訳ではありませんので、他にも審査のポイントはたくさんあります。総合的に判断して融資決定をしているので、勤続年数の長さは数ある審査項目の中のひとつにすぎません。

プロミスの審査は年収で決まるの?それとも、勤続年数で決まるの?カードローンは年収によって審査されるのか、プロミスで借り入れる前に知っておきたい基礎知識。