トップページ >  > プロミスの返済方法は簡単?

プロミスの返済方法は簡単?

プロミスからキャッシングを行なって返済に行き詰まったら、まず相手方に連絡しましょう。 病気や怪我、失業などによって一時的に返済が出来ない時、利息のみの返済だけなら何とかはるはずです。 プロミスに連絡し、交渉する事で一時的に利息のみの支払いに切り替える事も一応は可能です。 ただし、ずっとは無理という事は覚えておいてください。 プロミスに連絡して、その上で返済が不可能であれば債務整理です。 債務整理とは、法律で借金を整理する方法で、借金の減額または帳消しを行う手続きです。 あまりに借金の額が多ければ自己破産、減額した上で完済が可能であれば任意整理を選ぶ事となります。 例えばこの債務整理を行うと、取り立てがストップします。 手続き開始の時点で取り立てが止まり、ある程度普通の生活を送る事が可能となります。 その上で借金を整理してもう一度やり直すといった制度です。 中にはプロミスのキャッシングを返済せず、そのまま逃げ切ろうとお考えの方もおられるでしょう。 大手の消費者金融だからといって、借金を踏み倒せるとは限りません。 逃げれば追ってくるのは当たり前の話で、時効成立まで延々追われる事となります。 途中で見つかって一度でも相手方に支払うと、時効は伸びてしまいます。 それに逃げてしまうと生活が安定せず、余計に追い詰められる事となります。 という事もありますので、返済できない場合は、その状況にしっかり自分で対応していきましょう。


ATM以外の返済方法

プロミスのキャッシングカードローンの返済は、ATMでの支払以外でも様々な方法で支払いをすることができます。その方法は、店頭窓口来店、提携先ATM、銀行振り込み、口座振替(自動引き落とし)、インターネット返済、現金書留などです。提携先ATMとは、プロミスと提携している金融機関やコンビニエンスストアのATMを利用して支払いをする方法です。そこで、プロミスのキャッシングカードを使用することができます。近くにない場合などに便利なのですが、提携先ATMは利用金額に応じて提携先手数料がかかります。1万円以下の場合は108円、1万円を超える取扱いに関しては216円手数料がかかります。借入と支払両方かかります。借入したときは、次回返済の時に手数料を負担することになります。銀行振り込みは、指定の銀行口座に振り込みで支払いをする方法です。振込手数料は負担しなければなりません。口座振替は、契約時に自分の銀行口座を登録して、毎月支払期日に自動的に引き落としてもらう方法です。インターネット返済は、ネット銀行から支払いをする方法です。24時間自宅にいながらでも支払いをすることができます。現金書留ですが、利用している人はほぼいないです。ただ、離島に住んでいてATMがないなどという方が利用しています。封筒代郵送代が別途かかります。この中で、提携先ATMと自動引き落としは、完済に対応していません。ほかの返済方法で完済をします。

プロミスの返済方法は簡単って本当?借り入れた後のこともしっかりと踏まえて、計画的にキャッシングをしよう。プロミスでの返済の仕方について、詳しい情報を集めました。